院内感染防止対策|西新宿の歯医者・歯科|トップスデンタルクリニック

明海大学歯学部臨床講師

臨床研修指導歯科医

歯を抜かない保存治療

お問い合わせ・ご相談

03-6300-4573

東京都渋谷区本町3-10-3平日夜20:00まで

院内感染防止対策

厚生労働省の基準をクリアした除菌衛生管理体制

衛生管理

当院では衛生面にもこだわりを持っており、患者様が安心して治療に臨める環境整備を整えております。歯科医院での滅菌対策はとても重要です。不十分な対策で感染リスクを高めてしまってはどんなに技術の高い歯科医院でも安心して治療を受けるのは難しいと考えています。当院での対策をご紹介させて頂きます。

歯科外来診療環境耐性加算の歯科医院です

歯科外来診療環境耐性加算の施設基準という厚生労働省により認定を受けた歯科医院は全国で5%にも満たないと言われておりますが、当院はその数少ない歯科医院の一つとなっています。

この基準は一定以上のレベルの感染防止対策を行っていて、緊急時の蘇生処置なども適切に行える歯科医院であることの証明となっています。当院ではこの基準を厳格に守り、患者様の院内感染の防止に努めております。

ドリルの柄(ハンドピース)専用の滅菌器を使用

ドリル専用の滅菌器トップスデンタルクリニックでは歯を削る際のドリルはもちろん、ドリルの柄(ハンドピース)もDACユニバーサルという専用の滅菌器で行っております。

患者様の歯に触れることになるため、滅菌は必要不可欠であり、しっかりと対策を行っていくことが求められることですので、一つひとつ確認をしながら十分な処理を行います。また滅菌をせずに患者様毎に使い回しをすることは一切ございませんので、ご安心下さい。

その他、衛生管理の具体的な内容

オートクレーブ医療器材滅菌器

滅菌

高温での滅菌に耐えられる治療器具はオートクレーブという専用の滅菌器で処理を行っています。この機器では高圧高温状態で滅菌をすることができ、様々なウィルスを除去することができます。

麻酔注射も感染防止対策が必要

麻酔注射

麻酔器具においても感染防止対策は大切です。注射針、麻酔薬、注射筒の3つがありますが、針とお薬は使い捨てになります。注射筒には滅菌処理が必要となり、これが不十分ですと患者様の血液が筒の中に残ってしまう可能性があります。当院では多くの注射筒を準備しており、滅菌処理は一つひとつ確実に行っています。

ハンドピースは常に20本以上を準備

ハンドピース

報道にてハンドピースを滅菌せずに使い回している歯科医院が多いという情報がございましたが、そのような歯科医院ではハンドピースの本数が20本に満たない傾向にあると言われています。当院では滅菌処理を行ったハンドピースを常に20本以上準備し、各患者様への治療を行っています。

使い捨て用品を積極的に利用

使い捨て用品

滅菌処理ができないものについては使い捨てが可能なものを積極的に使用しています。グローブやカップなど、こちらを使い回すと接触感染を起こしてしまうリスクも高まります。そのため当院では使い回しは行わず、使い捨てにて対応しております。

診療室内にも空気清浄機を設置

空気清浄機

空気清浄機は待合室だけでなく診療室にも設置しております。たくさんの患者様がいらっしゃる空間ですので、空気は常に清潔に保っておくことが必要と思います。当院では患者様同士での感染リスクを軽減するため、しっかりと空気の衛生管理も整えております。

東京西新宿で除菌衛生管理体制が整った歯科医院をご希望の方へ

衛生管理がしっかりとしている歯科医院

歯科治療では多くの専用器具を使用するため、各器具の滅菌処理はとても大切なものとなっています。当院ではご紹介をさせて頂きましたように適切な除菌衛生管理体制を取っており、患者様が安心して治療に臨むことができる環境を整えております。東京西新宿にて衛生管理がしっかりとしている歯科医院をご希望の際には、ぜひトップスデンタルクリニックへご来院下さい。

トップへ戻る