つめ物・かぶせ物|西新宿の歯医者・歯科|トップスデンタルクリニック

明海大学歯学部臨床講師

臨床研修指導歯科医

歯を抜かない保存治療

お問い合わせ・ご相談

03-6300-4573

東京都渋谷区本町3-10-3平日夜20:00まで

つめ物・かぶせ物

見た目と機能性を考えた審美歯科を

精密審美歯科

素敵な笑顔からのぞかせる白い歯は好印象を与え、自分への自信にもつながります。特に前歯部では、一番人の目に入る部分であり、印象をガラリと変えてしまいます。

現在の保険診療では前歯の一部しか白くできず、その材質も数年で変色しやすい樹脂が主体です。あなたの人生にプラスになる笑顔を提供できるよう、当院では、最新のセラミック素材をはじめ、アレルギーをできるだけ抑えるものをご用意しています。

審美歯科治療は、見た目を整えるだけでなく、かみ合わせを良くし、磨き残しも少なくなり虫歯になりにくくします。また、金属アレルギーの心配もなくなるため、全身の健康につながります。

同じセラミック治療でも現在はオールセラミックス(ジルコニアやアルミナを用いる)治療が主流です。10年ほど前までは、強度を確保するために金属にセラミックを焼き付けて被せものが主流で、日本ではあまり使われていませんでした。最近では精度も上がりより正確に作り上げることができ日本でも認可を受けることが出来ています。

金属アレルギーの患者さん、透明感を加えた今までよりも自然に仕上げたい患者さんやセラミック治療をしているのにブラックマージンが出現してしまっている患者さんにお勧めしています。

侵襲の少ない審美歯科治療

ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング

こちらの治療は悪い部分を最小限削り、削った部分を修復していくものになります。詰め物はインレーとダイレクトボンディングの2つの種類があり、当院では削る部分が少なくて済むダイレクトボンディングでの治療を重視しています。

また、ダイレクトボンディングでは治療が難しくインレーでの治療となる際にも、可能な限り削る部分を少なくするよう心がけております。

ラミネートベニアで前歯部の審美性を向上

ラミネートベニア

ラミネートベニアはつけ爪のようなものとイメージして頂ければと思います。歯の形をしたセラミック製のチップを歯につけることにより、審美性を向上させていく方法です。

この方法はモデルや芸能人の方が多く行っています。歯の表面を少し削ることになりますが、被せ物をするよりも削る量は少量で済ませられます。上の前歯4本分の治療のみ適用可能な方法です。

詰める量を少なく抑えるレジン充填

レジン充填

虫歯治療で削られた部分には詰め物をする必要がありますが、レジン充填を行うことにより削る量を少なく抑え、詰め物も小さなものとすることができます。こちらであれば自身の歯を大きく残すことができるため審美性も機能性も確保しやすくなります。

また詰めてすぐに光で固められるので、1度のご来院で治療を終えることができます。レジンはセラミックとプラスチックを混合したものですので、歯との色の違いも最小限に留められます。

精密形成で審美性を長持ちさせる

マイクロスコープ

より良い被せ物を装着するためには、被せ物の土台となる部分をしっかりと形成していくことが必要となります。

高い精度を求められることとなりますので、当院では拡大鏡を使用し、肉眼では判断の難しい精密な治療を行っております。このような治療により歯と被せ物をしっかりと合わせることで、虫歯や歯周病への予防効果も高まりますし、長持ちする被せ物としての効果が期待できます。

セラミックのつめ物と被せ物(インレー・クラウン)

セラミックインレー(つめ物)

つめ物(インレー)

すべて陶材(セラミック)でできたもの、セラミックと歯科用プラスチックの混合剤でできたものの2種類の素材があります。削った面積が少なく、コンポジットレジン充填ができない場合の治療の選択肢となります。

セラミッククラウン(かぶせ物)

かぶせ物(クラウン)

インレーに比べて削る面積が多い場合に被せる治療法で、すべて陶材(セラミック)でできたもの、セラミックと歯科用プラスチックの混合剤でできたもの、金属の土台の上にセラミックを焼き付けたものの3種類があります。

セラミック治療は、体に害のないメタルフリー治療

セラミック日本の歯科治療では長い間、バラジウム合金をはじめとする金属、つまり銀歯が保険診療で使われてきました。しかし安全性を考えた場合、お口の中に金属を使うということの問題点が指摘されるようになりました。安全基準の厳しいスウェーデンでは、このような金属を歯科治療に用いることを禁じています。残念ながら、日本の健康保険の認識は世界の安全基準から大幅に遅れていて、保険診療=安全とは言い切れません。

このことから当院では、身体への安全性、歯の寿命を延ばすこと、そして審美性を兼ね備えた治療が理想的であると考え、材料に金属を使わない、メタルフリー治療をご提案しています。

お口の中に金属を使うことによって考えられる問題

金属アレルギーを引き起こす原因になる

機能性の向上お口の中に入れた金属は、イオン化して溶け出しやすくなっています。その溶け出した金属が唾液や血液を通じて全身を回ることで、さまざまなアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあるのです。症状としては、歯ぐきや歯の根元の部分の黒ずみ、肌のかゆみやかぶれ等の肌荒れなどが挙げられます。

さらに、お口の中にある金属は帯電しやすく、わずかな電流を発生させています。「銀歯でアルミホイルを噛むと頭がキーンとする」ということがあるようですが、これは電流が発生したことにより引き起こされる現象で、脳の活動に影響を与え、頭痛や肩こり、めまいの原因にもなると考えられています。

むし歯の再発・歯が割れる原因になる

金属コア治療を終えたはずの銀歯の下にむし歯ができた、詰め物が取れてしまった、といった経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?銀歯は歯や接着剤のセメントよりも硬いため、歯の接着部分が壊れやすく、そこにできた隙間に細菌が入ってしまうことで、むし歯が再発したり、取れやくなります。

また、被せ物の土台に金属を使うことにも問題があります。メタルコアと呼ばれる金属の土台は、硬すぎるために力が分散されず、歯の根に食い込んでしまい、歯の根っこの部分が折れたり割れたりする原因となります。このようなトラブルを防ぐためにも、当院では弾力性と審美性を考えた、最新のファイバーコア製の土台をご用意しております。

ブリッジ

ブリッジ欠損補綴の場合は、ブリッジによる治療をおすすめする場合があります。失った部位の両隣の歯を削り、ブリッジをかぶせて固定する治療です。

両臨在歯の被せものと歯を失ってしまった部分のダミーの歯をつなげて被せます。

東京西新宿で詰め物や被せ物の治療をご希望の際は当院まで

質の高い審美歯科

私たちは、審美治療とは特別なものではないと考えています。 どのような治療を行うにしても、審美治療の考えである「機能的かつ審美的に治す」ことを念頭において、全ての患者様と接してまいります。 東京西新宿で精密な審美歯科治療をご希望の際にはぜひ当院トップスデンタルクリニックへお気軽にご相談頂ければと思います。

トップへ戻る