日本顎咬合学会の学術大会へ参加|西新宿五丁目駅1分(西新宿)の歯科医院

明海大学歯学部臨床講師

臨床研修指導歯科医

歯を抜かない保存治療

お問い合わせ・ご相談

03-6300-4573

東京都渋谷区本町3-10-3平日夜20:00まで

日本顎咬合学会の学術大会へ参加

投稿日:2019年7月1日

カテゴリ:院長ブログ

日本顎咬合学会の学術大会が東京フォーラムで行われました。

日本顎咬合学会の学術大会

後輩の先生たちの発表も多数あり活気のある大会でした。

日本顎咬合学会の学術大会

治療に対して熱心に取り組んでおられる先生方の講演は大変勉強になりました。なかでも、歯周組織再生療法の話は大変興味深い内容でした。

外科処置が伴いますので、切って縫っては、もちろん必要なのですが切り方も今までのコンベンショナル型ではなく、ミニマル型も注目されています。ミニマル型は、切開する術野を狭くすることで、侵襲を少なくでき、患者さんの負担を軽減することが出来ます。その分、細かな手技にはなりますが有益な術式だと思います。

私も治療に取り入れていますが、患者さまの症状で腫れや痛みが出たりすることが少なくなったと思います。この様な術式を可能にしているのは、正確な術前診査だと思います。現在はCTの導入している歯科医院は多くなり診査診断の精度が向上したと思われます。

この様に、新しい技術を患者さま治療として還元できるように努めて行きたいと思います。

トップへ戻る