2021年 春季日本歯周病学会学術大会(Web開催)|西新宿五丁目駅1分(西新宿)の歯科医院

新型コロナウィルス対策について(スタッフ先行ワクチン接種完了)

明海大学歯学部臨床講師

臨床研修指導歯科医

歯を抜かない保存治療

お問い合わせ・ご相談

03-6300-4573

東京都渋谷区本町3-10-3平日夜20:00まで

院長ブログの記事一覧

2021年 春季日本歯周病学会学術大会(Web開催)

投稿日:2021年7月1日

カテゴリ:院長ブログ

今年の春季日本歯周病学会学術大会も昨年と同様オンラインでのWeb開催となりました。 本大会では、「今、求められる歯周治療~研究から臨床~」をテーマに再生治療や全身疾患との関わりなど、今回も様々な内容について講演がありまし […]

続きを読む

目白大学の実習生が当院での実習を修了となりました

投稿日:2020年12月22日

カテゴリ:院長ブログ

目白大学の実習生が当院での実習を修了となりました。 実習生にとっては、初めて患者様と接して戸惑いもあり緊張したと思います。沢山勉強しても臨床となると、足りないことが多いと感じたと思います。 ですが、私の目から見ても二人の […]

続きを読む

歯科衛生士学校の実習生が頑張っています

投稿日:2020年11月9日

カテゴリ:院長ブログ

目白大学に歯科衛生士のための学科が新設されました。目白大学短期大学部歯科衛生学科です。歯科衛生士になるためには、すべての歯科衛生士学校のカリキュラムの中で臨床実習があります。実際に臨床の場に出ることで臨床における歯科診療 […]

続きを読む

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルス対策について

投稿日:2020年3月20日

カテゴリ:院長ブログ

新型コロナウイルス対策について 渋谷区歯科医師会による医療従事者の新型コロナワクチン先行接種に参加し、2021年6月6日に2回目のワクチン接種が完了いたしました。どうぞご安心のうえご来院ください。 新型コロナウイルス対策 […]

続きを読む

デンタルダイヤモンド2月号に記事を執筆しました

デンタルダイヤモンド2月号に記事を執筆しました

投稿日:2020年2月19日

カテゴリ:院長ブログ

今回、デンタルダイヤモンドの執筆依頼を受けまして、クリニカルアドバンスのコーナーで「大人のトータルケア歯みがきジェル」について執筆致しました。 色々な疾患を抱えている大人の患者さまも使って頂けるように作った歯みがきジェル […]

続きを読む

「おとなのトータルケア歯みがきジェル」の開発に携わりました

投稿日:2020年2月12日

カテゴリ:院長ブログ

GC社から新しく発売された歯磨剤です。私も開発に携わらせて頂いた商品ですので、紹介いたします。 歯磨剤といっても歯周病予防・う蝕予防・口臭予防・知覚過敏抑制・ステインやタバコのヤニの除去など、特徴が異なっています。特に4 […]

続きを読む

デンタルダイヤモンド12月号に掲載されました

デンタルダイヤモンド12月号に掲載されました

投稿日:2019年12月19日

カテゴリ:院長ブログ

今月発売されている、デンタルダイヤモンド12月号にインプラント治療のベーシックストラテジー⑥が掲載されています。 今回のテーマは「今日から始めるソフトティッシュマネジメント」です。インプラント治療で行う二次手術の内容にな […]

続きを読む

日本歯周病学会の秋季学術大会に参加

日本歯周病学会の秋季学術大会に参加

投稿日:2019年11月14日

カテゴリ:院長ブログ

日本歯周病学会の秋季学術大会が北九州の小倉で行われました。 今回の学術大会は「寿命100年時代を見据えた歯周病治療」をメインテーマとしていました。 患者さんの歯を残すための国民運動として8020運動があります。8020運 […]

続きを読む

日本顎咬合学会の学術大会に理事として参加

日本顎咬合学会の学術大会に理事として参加

投稿日:2019年10月31日

カテゴリ:院長ブログ

日本顎咬合学会の関東支部学術大会が先日、ベルサール東京日本橋で行われました。 今回も松田先生のデンタルスーチャリングハンズオンの助手として参加しました。 回を重ねるに従って受講者の満足度も高評価になってきています。内容も […]

続きを読む

歯磨き後の含嗽剤(コンクールやモンダミンなど)の重要性

歯磨き後の含嗽剤(コンクールやモンダミンなど)の重要性

投稿日:2019年9月3日

カテゴリ:院長ブログ

院内セミナーでスタッフのレベルアップ 今回は、歯科衛生士による院内プレゼンテーションです。各々、テーマを決めてスライドを組んでのプレゼンテーションです。院内なのでスタッフのみですが誰かの前で発表することで自分自身の理解を […]

続きを読む

1 2 >

トップへ戻る